年齢別

50代の歌手オーディション募集先一覧【2022年最新】

歌手を目指す人
50代を過ぎたけどやっぱり歌手の夢を諦められない・・・今からでもなれるのか?
大丈夫です。50代からでも間に合います!実際に50代でも歌手のオーディション募集先は複数あります。
業界人

50代になってから歌手を目指したいという人はけっこういます。そしてもちろん50歳から実際に歌手になり成功した人もいます。

むしろ、20代でなく50歳を超えた人、社会人経験があるような人を積極採用しているボーカルオーディションもあるぐらいです。

 

ここでは、そんな人に向けて、

・50代を積極採用する歌手オーディション募集先

・50代以降から歌手デビューした人

を詳しく解説しました。

 

メモ

20代30代の募集もありますが、50代の採用に力を入れているのがこちら。

当サイトから応募が一番多いのがこちらのオーディションです。

とりあえず50代で応募しやすいオーディションを探している人は受けてみて下さい。

⇒応募ページはこちら

*スマホやpcから無料で応募できます

 

50代の歌手オーディション募集先

50代の歌手オーディションをやっているところはいくつかありますが、

・経験不問、未経験ok

・オーディション費無料

・応募時の写真不要

この条件を満たしているところだけをピックアップしています。

歌にはそこそこ自信あるけど、経験がないって人が大半だと思います。

それに、ただオーディションを受けるだけでお金がかかるようなところは論外です。

中にはお金儲け的な事しか考えていないような会社もあるので気を付けて下さい。
業界人

あと大事なのは、応募時に写真を必要としないところです。

モデルや俳優、女優のオーディションならまだしも歌手のオーディションで容姿だけで判断されるのも嫌ですよね。

もちろん大事な要素の一つではある事は否定しませんが、歌手に至っては容姿は二の次です。

なので、それらの条件だけを満たした3つのオーディションを紹介します。

キャストパワーネクスト*当サイトから一番応募が多い

50代から歌手を目指すなら、まず受けておいて間違いないオーディションです。

所属タレントに、

メモ

遠野なぎこ、高杉亘、大島さと子、黒田福美

といったベテラン女優、俳優がいます。

 

それだけに、10代、20代といった若手だけでなく50代以降の育成システムもしっかりと整った事務所です。

 

募集年齢としては、13歳~65歳とかなり幅広いのが特徴。

中には募集条件では50代もokと言っておきながら、いざオーディションを受けに行くと自分だけ50代で浮いた、恥ずかしい思いをするなんて事もあります。

でもキャストパワーネクストなら安心です。

募集年齢が広いだけでなく、何よりも50代以降のシニア歌手を積極採用しているのがキャストパワーネクストです。

 

女優、俳優のイメージが強い事務所ではありますが歌手、ボーカルも募集をしています。

どこを受けようか迷ったら一番に受けるべきオーディションです。

⇒応募ページはこちら

*スマホ、pcから無料で応募できます

テアトルアカデミー

40年以上という歴史の長い事務所です。

子役や赤ちゃんモデルのイメージが強いテアトルアカデミーですが50代以上のタレントや歌手も募集しています。

芸能界へのパイプも強いので安心できる点も50代の方にとっては大きなメリットかと思います。

また、全国展開しているので、札幌、仙台、東京、大阪、名古屋、岡山、福岡の地域でオーディションが受けられます。

 

WEBからオーディションに無料で簡単に応募できるので、腕試しとして受ける人も多いです。

先ほどのキャストパワーネクストと共に、募集がある間に受けておくと良いです。

⇒応募ページはこちら

アヴィラステージ

所属タレントに、

重盛さと美、ミラクルひかる、クリス松村、山川恵里佳

といったバラエティとんだメンバーがいるのが特徴です。

タレントから、俳優、女優、子役、芸人、歌手と幅広いオーディションをやっています。

アヴィラステージも20代だけでなく50代以降の人材も積極採用しています。

特待生制度などもあるので一度挑戦する価値があるオーディションです。

⇒応募ページはこちら

 

50代以降から歌手デビューした人

歌手を目指す人
実際に、50代で歌手デビューした人はいるの?

50代以降から歌手デビューした方はもちろんいます。

3名紹介します。

大泉逸郎

50代の方であればおそらく知らない人はいませんよね。

そう大泉逸郎です。自分の孫をうたった「孫」が大ヒット。

57歳でメジャーデビューされました。

またNHK紅白歌合戦にも58歳で出場しています。

秋元順子

引用元:うたびと

「愛のままで・・・」でおそらく皆さんしっているであろう彼女。秋元順子。

58歳でデビューし、

彼女も紅白歌合戦の初出場が61歳6か月と女性歌手の初出場年齢の記録となっています。

独特のハスキーボイスで今も活躍されている遅咲きの歌手です。

スキャットマン・ジョン

独特な歌詞で日本でも一台ブームとなったのがこのスキャットマン。

彼のデビューも遅く52歳でした。

元々は吃音(どもり)が原因で歌う事すらしていなかったスキャットマン。

でもそんな過去を乗り越え売れないジャズミュージシャンから見事デビューされた苦労人でもあります。

 

まとめ

50代から歌手になろうというのは確かに大変な事です。

でも実際に50歳を超えた歌手を募集するオーディションは、紹介してきたように存在します。

おそらく50代の方であればこれまでに何度も「もう諦めよう」「食えなきゃ生きていけないしな・・・」と歌手になる事を断念してきた経験があると思います。

でも結果、どうだったでしょうか?今でも歌手になりたい気持ちはきっと残っている事ですよね。

そしてそれが今だと思います。

「でももう年だから・・・」

そんな思いで今も迷われている事はわかります。

でも、さっきも紹介したように50代ならまだまだ募集先はあります。

今諦めたら次はいつでしょうか?60代70代・・・・と、今よりももっと歌手になるためのハードルは上がる事だけは確実ですよね。

なら後悔しないためにも、このチャンスを掴んでみて下さい。

「あの時決断して良かった」本気でそう思える人生が、すぐそこにあるかもしれません。

\\ 締め切り間近です //

 

 

-年齢別

© 2022 歌手オーディション、ボーカル募集情報サイト【8-エイト】 Powered by AFFINGER5