歌手、ボーカル事務所

ワーナーミュージックオーディションの倍率や評判*怪しいって本当?

ワーナーミュージックにはTWICEやONE OK ROCKなど数々の有名なアーティストが所属しており、楽曲を世に売り出しています。

歌手になりたい人であれば、一度は所属したいと思ったことがあるのではないでしょうか。

 

「オーディションの倍率って高い?」

「怪しいって聞いた事あるんだけど・・・」

 

そんな疑問をお持ちの方のためにこの記事では、ワーナーミュージックの

  • オーディションの倍率
  • 評判
  • 怪しいという噂の真相

などについてお伝えします。

 

ワーナーミュージックオーディションの倍率はどれくらい?

ワーナーミュージックに所属するのにあたり、まず気になるのはオーディションの倍率ではないでしょうか。

結論から申し上げますと、倍率は約300倍、またはそれ以上といえます。

 

ここで、過去に行われたオーディションを見てみましょう。

ワーナーミュージックは、過去に様々な芸能事務所とコラボして、オーディションを行っています。

コラボ先 オーディション名
2012  スターダスト ネ申クリエイターZ
2017 FNC ENTERTAINMENT FNC×WMJ JAPAN DEBUT AUDITION 2017
2018 秋元康 国民的ガールズバンド
2022 イトーカンパニー ワーナーミュージックアーティスツ×イトーカンパニーグループ 合同オーディション

この中で応募総数や合格者がわかっているオーディションは以下の2つ。

応募総数 合格者数 倍率
国民的ガールズバンド 約10000人 39人 256倍
ワーナーミュージックアーティスツ×イトーカンパニーグループ 合同オーディション 約600人 2人 300倍

これを見ると、300倍前後だということがわかります。

ただし、これはバンドで大人数の募集だったり、ワーナーミュージックが始めたばかりのモデル・女優部門のオーディションだったりと、通常のボーカルオーディションとは少し違う可能性があるのです。

 

そこで、他の事務所のボーカルオーディションを参考にしてみました。

すると大手芸能事務所の場合、1000倍以上とかなりの高倍率のオーディションが多く見られました。

三代目JSoulBrothersオーディション・・・15000倍

坂道グループ(乃木坂など)・・・1000~3000倍

ハロプロキッズオーディション・・・2000倍

このように、ボーカルオーディションはかなり倍率が高いものが多く、合格できるのは1000人に1人以下というかなりの狭き門なのです。

そのため、2017年に行われた「FNC×WMJ JAPAN DEBUT AUDITION 2017」などはこれくらいのかなり高い倍率だったということも考えられます。

 

どちらにしろ、数百人~数千人に1人ということで、難しいオーディションだということがわかります。

でもそれだけ受かりにくいということは、もし受かれば日本や世界を代表するアーティストの仲間入りができる実力があるということ。一度は挑戦してみたいですね。

 

ワーナーミュージックオーディションの内容

ワーナーミュージックのオーディションはかなり高い倍率だということがわかりました。ここからは、そのオーディションで行われた内容を紹介します。

ワーナーミュージックでは、

  • 随時募集のオーディション
  • 他企業とコラボしたオーディション

が行われており、コラボオーディションは少し変わったオーディション内容が特徴です。

同じ形式のオーディションが今後行われる可能性もゼロではないので、オーディションを受けたいと思っている方はぜひ参考にしてください。

随時募集オーディション

現在、公式サイトではオーディションの募集は行われておらず、オーディションサイトnarrowからの応募となります。

選考はこのような順序で行います。

  • 一次審査:音源、書類審査
  • 二次審査:面接
  • 三次審査:面接

気になるかたはこちらから会員登録して応募してください。

 

では、ここからは先程の倍率のところであげた他企業とのコラボオーディションについて、それぞれ見てみましょう。

ネ申クリエイターZ

引用 BARKS

これは、2012年にスターダストとコラボして行われたオーディションです。普通のオーディションとは一風違い、他薦のみ

しかも、推薦したい人のYou TubeのURLを送るだけでエントリー完了というめずらしい応募方法でした。

ちなみに推薦した本人も、「ネ申スタッフ」になれる可能性があるという、面白いオーディションです。

FNC×WMJ JAPAN DEBUT AUDITION 2017

これは、FNC ENTERTAINMENTとコラボしたオーディションで、2017年に開催されました。

日本デビュー後は、アジア、さらには世界デビューを目指すという、歌手を目指す人にとっては夢のようなプロジェクトです。

応募条件
  • 13歳~22歳
  • 国籍問わず(日本語堪能必須)
  • 優遇:語学力、留学、海外経験あり
選考の流れ
  • 一次審査:書類選考
  • 二次審査:実技・面接
優秀者特典 FNC所属アーティストとしてワーナーミュージックからメジャーデビュー

国民的ガールズバンド

こちらは2018年に行われた、秋元康さんとの合同オーディションで、応募条件や選考の流れはこのようになっていました。

応募条件
  • 12歳~19歳の女の子
  • 合格後、上京・在住できる人
選考の流れ
  • 一次審査
  • 二次審査
  • 最終審査
  • お披露目

ギターやベース、ボーカルなどそれぞれのパートに複数のメンバーを在籍させて、その後楽曲によってメンバーを選出。

2019年にはザ・コインロッカーズとしてデビューしました。

引用 FanplusMusic

ワーナーミュージックアーティスツ×イトーカンパニーグループ 合同オーディション

ワーナーミュージックでは50周年記念として、ワーナーミュージックアーティスツという、モデル、女優に特化した部門が設立されました。

そのワーナーミュージックアーティスツがイトーカンパニーと合同で2022年にオーディションを開催しました。

こちらのオーディションの応募要項は以下の通り。

応募条件
  • 13歳~21歳
  • 性別不問
選考の流れ
  • 一次審査:書類選考
  • 二次審査:リモートor対面による面接
  • 三次審査:演技審査・自己PR・特技披露
  • 最終審査:演技審査など、両社の代表などからの質疑応答

このオーディションでは、高校3年生の平原光舞理さんがグランプリを受賞しました。

引用 exciteニュース

グランプリを受賞した平原さんは、ワーナーミュージックアーティスツ制作のSNSドラマに出演する予定です。

 

ワーナーミュージックの評判

歌手を目指す人
歌手になってワーナーミュージックに所属したいけど、評判はどうなんだろう?
では、ワーナーミュージックの世間の評判を見ていきましょう。
業界人

ワーナーミュージックの評判としては、以下のようなものがありました。

  • 会社と合わなければ契約を打ち切られる可能性あり
  • レッスンは厳しいが実力がつく
  • 音楽業界を引っ張る存在として期待大

 

では、それぞれについて解説します。

会社と合わなければ契約を打ち切られる可能性あり

ワーナーミュージックは外資系ということもあり、売り上げさえ良ければ、本人がプロモーションしなくとも寛容だと言われています。しかし、今回の渋谷さんの場合、CDの売り上げが良くないにも関わらず本人が積極的に関わらないということで、契約打ち切りとなったようです。

厳しいといえば厳しいですが、会社として考えると当たり前のことかもしれません。逆に言えば、本人のやる気と実力があれば、会社は売り出してくれる可能性が高いということですね。

レッスンは厳しいが実力がつく

先ほど紹介した、ザ・コインロッカーズ。仏頂面の先生の前でのレッスンなんて考えるだけでも緊張しそうですが、そんな先生が笑顔になるほどメンバーの皆さんがレッスンを真剣に受けていたということですよね。厳しいレッスンを乗り越えてこそ、本当に実力がつくのでしょう。

これからデビューを考えている人は、レッスンが厳しくても本当に歌手としてデビューしたいという強い気持ちをもつことが重要です。

音楽業界を引っ張る存在として期待大


音楽業界はCDが売れなくなり、苦境に立たされているという話を聞いた事ある人も多いのではないでしょうか。でも実際、2018年にはワーナーミュージックは最高益を記録しています。

ライブが今までのように開催できなくなり、そういった意味ではまだまだ厳しい状況が続いているのかもしれませんが、サブスクでの配信など時代の流れに合わせて会社の方針を変えるというのは大事ですよね。

所属するとなると、会社の経営状況も気になるところなので、随時状況はチェックしていきたいところです。

 

ワーナーミュージックは怪しいって本当?

歌手を目指す人
怪しいって聞いたことがあるんだけど、本当?

歌手のオーディションを探していると、「怪しい」「詐欺」なんてワードが出てくることがあるかもしれません。

しかし結論からいうと、ワーナーミュージックのオーディションで怪しいという噂は見受けられませんでした。

では、なぜこの怪しいという言葉が出てくるのでしょうか。


オーディションというと、このようなオーディション詐欺というワードがよく出てきます。

全てのオーディションが詐欺ではないのですが、一部のオーディションでは大人数を合格させ、レッスン料を搾取するなんてこともあるようです。

自分の受けたいオーディションがちゃんとした企業が行っているものなのか、受かった後の説明なども最初にされるのか、きちんと確認してから受けるようにしましょう。

 

まとめ

ここまで、ワーナーミュージックについて解説してきました。まとめると、

  • ワーナーミュージックのオーディションは数百人~数千人に1人しか受からない高い倍率。
  • ワーナーミュージックはレッスンが厳しいが、それだけ実力がつく可能性あり。
  • ワーナーミュージックには怪しいという噂はなく、怪しいオーディションに引っかからないよう自分で気を付ける必要がある。

以上となります。ワーナーミュージックは3大レーベルと呼ばれている大手のレコード会社です。所属するのは簡単ではありませんが、所属できれば期待の新人として一歩を踏み出すことができる可能性がとても大きいといえるでしょう。

まずは、1本のデモテープから始まります。歌手を目指している人は、一度応募してみてはいかがでしょうか。

-歌手、ボーカル事務所

© 2022 歌手になりたい!オーディション、ボーカルスクール情報サイト【8-エイト】 Powered by AFFINGER5